Saturday, July 15, 2017

ブログを再開

昨日長い旅から帰国しました。

自分の記録のためのブログですが稀に読んで下される方もあるので心配されませぬように、取り敢えず報告まで。

|

Tuesday, July 04, 2017

旅行15日目 さらばウガンダ食

201774_1
朝食はフレンチトースト・パンケーキ・コロッケなど。飲み物は相変わらずのティマサラ入りアフリカンティ。

ランチはエンテベ動物園近くのモールで。
201774_99
サモサと春巻きを友人とシェア。
201774_98
アフリカンティを頼んだらケニア製ティバッグが2個使ってあった。

201774_111
エンテベ空港でケーキとストーニィ。最後のアフリカ食。

201774_115
機内食のメニューが思い出せないが完食したと思う。

|

Monday, July 03, 2017

旅行14日目 南アフリカのワニ

ウガンダの首都カンパラに2泊した。
明日はウガンダ最終日。

201773_1
朝食は煮込み料理があったので少しずつ食べてみる。久しぶりにヨーグルトも。

カンパラは大きな街で西洋式カフェも多い。
サンドイッチをシェアすると言ったら半分に切って2皿にしてくれた。これはウガンダ式サービス。
201773_85
昼食はサンドイッチ半分とカフェオーレ。食欲があまりない。

ウガンダ最後の夕食はホテル近く、ゴルフ場の見えるレストランで。
201773_99
ワニのクリーム煮、ライス添えと
201773_100
野菜炒めとピラウを3人でシェア。
201773_103
夕食の目玉はワニだったが訊くと南アフリカ産であった。ウガンダにワニはいないのか。
201773_97
ガラス張りのキッチンは広々して綺麗。
201773_96
750㏄ミネラル水が7,000シリング(210円)だった。ウガンダ最高値の水。

|

Sunday, July 02, 2017

旅行13日目 初夕食抜き

Img_0415
今日の朝食は野菜があった。嬉しい。

Img_0423
団子状のシムシムを買ってみたが食べ難い。味は同じだが煎餅型が食べ易い。

Img_0436
車でカンパラへ移動。途中でスナックを買ったがこれが何だったのか思い出せない。
キャッサバかバナナ、またはさつま芋。
( *ウガンダのJICA隊員からバナナであったと報告がありました)

カンパラの大型モールで昼食。
Img_0460
ピッツァと
Img_0461
スパゲティを
Img_0463
三人でシェア。

この日は民族舞踊を観劇に行くが5時半に開場に着いてショーが終わったのが9時半、夕食を食べ損なう。
会場にバーベキューコーナーも有ったのだが敬遠。

|

Saturday, July 01, 2017

旅行12日目 ティラピアの尾鰭が美味

ジンジャのリゾートタイプのホテルに宿泊。
201771_5
果物は豊富だが野菜が見当たらない。
201771_7
朝食に面白味無し。

昼食はホテル系列の高級店でお魚中心メニュー。
201771_117
揚げティラピアが大きい。魚型のお皿も可愛い。
201771_120
三人でシェア。魚の尾鰭がカリカリで美味しい。
201771_121
デザートのアイスも上品。

201771_140
ホテルで西瓜を切ってもらった。

夕食は手持ち食材で簡素に。
201771_142
ビスケット・デイツ・ドライパイナップル・、蜜柑。
201771_143
謎のドリンク「サファ」はドロドロ。雑穀のソルガムが原料のようだ。

|

Friday, June 30, 2017

旅行11日目 キャッサバを初めて食べる

2017630_2
ホテルの朝食。野菜を多くとるよう心掛ける。

移動途中の中継所の物売りからキャッサバを買う。
2017630_13
蒸し(?)た物が2本で1,000シリング(約30円)
2017630_14
蠟燭のように芯があるのが可笑しい。
温かい内は美味しかったが冷めると味の無いさつま芋のようだった。

タピオカの原材料がキャッサバだとは知っていたが見るのも食べるのも初めて。植わっているキャッサバの葉は麻に似ている。

ビクトリア湖の見える贅沢なレストランで昼食。
ナイルパーチを現地で食べる事が夢だったが叶わなかった。ナイルパーチはやはり輸出用なのだろうか。
2017630_37
注文したのはティラピアのカレーソースと野菜ピラウ。

他のメンバーのメニューは
2017630_29
揚げティラピア。
2017630_34
カレーと野菜ピラウ。
2017630_35
魚カレーなど。
2017630_31
JICA青年が嬉しそうにサンドイッチの写真を撮っていた。ウガンダの食事に飽きてウエスタンなメニューにしたのだろう。

ウガンダでは水だけでなく炭酸飲料をよく飲んだ。
2017630_27
お気に入りのジンジャーエール「ストーニィ」がコカ・コーラ社の製品だと知ってガッカリ。
生姜がよく効いて美味。日本でも作って欲しい。

2017630_90
ジンジャのカフェでカフェオレ。

有り合わせの食材で夕食。
2017630_99
フルーツバナナ・キャッサバ・ビスケット・デイツ・ストーニィ。
冷たくなったキャッサバは不味い。

|

Thursday, June 29, 2017

旅行10日目 マンゴーの樹の下で

2017629_1
今日の朝食はスクマとかぼちゃがあった。

2017629_102
昼食は牛肉とご飯。
2017629_105
噛み応えのある肉がゴロゴロ、胃が痛む。

連れのメニューも撮ってみた。
2017629_103
鶏とご飯。
2017629_104
魚は不気味。ティラピアの燻製だろうか。
2017629_107
豆はご飯にかける。

2017629_36
遠足の途中マンゴーの木の下でマンゴーを買った。
1山2,000シリング(約60円)
2017629_152
ホテルでマンゴーを切ってもらった。美味。

2017629_153
夕食は手持ち食材で。フルーツバナナ・乾燥バナナ・シムシム・ビスケット・蜜柑。
2017629_18
何故か相撲取りのイラストのビスケット。

この夜もホテルのロビーで美味しい紅茶とクッキーを頂く。
私はフラッシュをたくのが苦手、停電が続いたので写真を撮り忘れた。

|

Wednesday, June 28, 2017

旅行9日目 シムシムを気に入る

2017628_1
朝食はローカル色無し。ちょっとがっかり。

2017628_50
ムバレのインターネットカフェでマンゴースムージー。

ランチは今日もインド料理。
昨日とは別な店。三人でシェア。
2017628_53
野菜カレーとジーライス。
2017628_51
タンドリーチキン。
2017628_52
プレーンドーサ。
2017628_54
借りたお皿に取り分けて頂く。

カフェでアフリカンティと胡麻のお菓子。
2017628_67
お茶は凡庸だったが胡麻を砂糖で固めたお菓子が美味。
シムシムとこの胡麻のお菓子200シリング(6円)位。道端で買ったが土産に良さそうなのでスーパーで包装されたものを探してみよう。

ホテルはこの日はBBQナイト、暗い庭で夕食を取る。
2017628_87
雰囲気はあるが食べているものの色も分らぬほど暗い。
2017628_80
食欲がわかない。

|

Tuesday, June 27, 2017

旅行8日目 最高のマサラティ

ホテルが変われば朝食も変わる。
2017627_12
お湯にコーヒー粉を入れて上澄みを飲むタイプのコーヒー。
2017627_14
慣れないので粉の量が難しい。
2017627_13
お腹の調子が悪いのでこれだけ。オムレツとフルーツバナナ。

お昼はムバレのインド料理店へ。
2017627_53
インド人もインド料理店も多い。
2017627_51
4人で食べたのはビーフピラウ・チキンピラウ・ミートパイ・ケバブ・スターケーキ2個。
ピラウはセットなので野菜も付いてくる。

スーパーで買った食材で夕食。
2017627_72
ジンジャークッキー・りんご・ヨーグルトなど。侘しい。

今晩のホテルは贅沢、ロビーでアフリカンティを頼んだ。
2017627_74
ティマサラの量が絶妙、美味しい紅茶だった。
添えられた大きなクッキーが泣きたいほど美味しい。
夕食の侘しさが少し解消。

|

Monday, June 26, 2017

旅行7日目 コーヒーツアー

2017626_6
朝食はパサパサのパンとカリカリ肉、スクマ、フルーツバナナ。

シピはコーヒーと滝で有名な場所。
2017626_84
滝を見るハイキングに出掛ける。
水と緑の豊かなウガンダ。
2017626_92
コーヒーの樹。実が熟すと赤くなる。
シピ村のコーヒー農家でコーヒーセレモニー。
ラッキー。
2017626_97
乾かした実を臼と杵で搗く。
2017626_104
皮が取れて豆が二つに分かれる。
2017626_1052
コーヒー豆だけを選別。
2017626_111
生の種。
2017626_112
七輪と炭は日常の煮炊きに使われている。
2017626_114
鍋(?)で煎る。
2017626_116
挽く。
2017626_119
お湯を入れたマグに挽いた豆と砂糖を加え混ぜる。
2017626_121
豆が沈んだ上澄みを飲むのかと思ったが、茶漉し登場。
2017626_125
コーヒーのお供はGナッツとメイズ。煎ったピーナッツも茹でたてとうもろこし(メイズ)も美味。
肝心のコーヒーは美味しいが香り不足。

2017626_148
カプチョルワに戻って人気のレストランで昼食。
2017626_151
豆1,000シリング(約30円)とミルクコーヒー500シリング(15円)。美味。
2017626_152
他の人の料理も美味しそう。

夕食は見晴らしの良いホテルで。
2017626_168
牛肉料理と大量のじゃが芋。

|

«旅行6日目 寿司パーティとアボカド