« 車内弁当 | Main | 凍頂烏龍 »

Monday, January 31, 2005

宅配便

05.01.31

福岡の恩師からずっしり重い荷物が届いた。

I先生は高校で美術部の顧問・指導をされておられたが、我々は教え甲斐の無い生徒だっただろうな。10年前の震災でまたまた心配されて励ましの手紙を下さった。

私が食いしん坊であることを看破されてか食料が届くようになってしまった。決して私がアピールしたのではないが、嬉しいので礼状を出すとまた届く。う~ん、どうすれば良いのだろう。

先生の家庭菜園の豆やお芋は珍しい紅い種が多く、さすがだ、と思う。
今回は道の駅で購入されたらしいお米や銀杏・里芋もあるが、紅いじゃが芋は先生の作品だと思う。

種類が判らないのは大きなみかん。不精者の常で皮を剥くのが面倒で滅多に柑橘類を食べない。ひとつ食べてみたが、判らない。夏みかんとグレープフルーツの中間みたい。皮は柔らかめ、種多し、果肉色薄し、酸味無し、ジューシイ。
明日会社に持って行って教えてもらおう。

里芋・銀杏は軽く火を通して冷凍する。

|

« 車内弁当 | Main | 凍頂烏龍 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宅配便:

« 車内弁当 | Main | 凍頂烏龍 »