« へしこの糠をふりかけに | Main | 信州から届いた水仙 »

Tuesday, April 14, 2009

苺の配送方法は

いちご専業農家の友人から自慢の苺が届いた。
「あまおう」「さちのか」「紅ほっぺ」

ルンルンで箱を開けてびっくり、
いつもと違って苺が濡れていて底には紅いジュースが溜まっている。

4月だからとわざわざ冷蔵便で送ってくれたのにどうしたことだ。
宅配の担当はとんで来て苺の状態を確認、酷い有様を判ってはくれた。

私は一時的に冷凍したのではないかと疑ったがあり得ないと言う。
福岡の発送先にも問い合わせたが冷蔵にミスは無いそうだ。

送ってくれた友人の落胆は大きい。
これから暑くなる時期に普通便もクール便も不安なのだ。

業者に徹底調査して欲しいと頼んだ。
苺を不通便とクール便で同時に送ったりしても良い。
返事が待たれる。

と言うわけで今日から沢山の苺を食べ続ける。
写真は大粒の「あまおう」、押さえつけたような傷みが惜しい。

2009_04140005_2

2009_04140001_2
朝食は豆腐と玉葱の味噌汁、ポテトサラダ。
菜花、釘煮、切干、りんごヨーグルト。

2009_04140002_2
昼食はかれいのソテー、ポテトサラダ。
切干、大粒の「福岡あまおう」

2009_04140004_2
遅い夕食は冷凍えびグラタンとポテトサラダ。
「紅ほっぺ」で苺ミルクを作る。

|

« へしこの糠をふりかけに | Main | 信州から届いた水仙 »