« 屋久さばなまりぶし | Main | 屋久島さばみそ »

Sunday, July 26, 2009

鯛あられ

2009_07260004

鹿児島のスーパーで懐かしいお菓子を見付けた。
初めて食べたのは小学校1年の夏。
金魚のお菓子と記憶していたが鯛だったらしい。

その時私は鹿児島国分でお隣さんと一緒に台風を待っていた。
海沿いの家では畳を上げ、窓に板を打ち付けて台風に備えるのだった。

ドキドキしながら初めての恐ろしい台風とやらを待っていた時にお隣のおねえさんがくれたのがこのお菓子、
直ぐにパリパリ食べて叱られた。

彼女曰く、このあられは口に含んで軟らかくなったところをゆっくり食べるのだ、と。

貧しい時代だったのだ。
お菓子は貴重品でひとつひとつ大切に味わうように教えられた。
薄く切った生のさつま芋を噛んでいると甘くなってくると教えてくれたのも同じお姉さんだった。

昔の鯛あられに青海苔は付いてなかったと思う。
口にあられをひとつ含んで軟らかくなるまで待ってみた。
無理、
やっぱりパリパリ食べてしまう。

2009_07260001
朝食は揚げの味噌汁とほっけ味醂。
沢庵、納豆、ヨーグルト。

2009_07260002
昼食は野菜シチュウと焼き茄子。
沢庵と温野菜カニカマのサラダ。

2009_07260003
夕食は豆腐ハンバーグのそら豆ソース煮。
揚げの味噌汁と梅ジャムヨーグルト。

|

« 屋久さばなまりぶし | Main | 屋久島さばみそ »