« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

パソコンの画面を一匹の蟻が横切った。

眼を離せない映像を観ていたので手で払っただけ。その後蟻は何処に行ったのだろう。パソコンの中に入り込んでなければ良いが。
しかし何故テーブルに蟻が居るのだろう。

気になって探すとキッチン近くにウヨウヨ居るではないか。何処から来て何処に集まっているか突き止めようと掃除を開始。久しぶりに雑巾を使っての大掛りなものになる。野菜籠、精米機、食品棚、ソファの後ろ。食品に入り込んでいない事を考えると蟻の進入は最近の事のようだ。

何かに惹かれてサッシの隙間から進入したらしい。サッシの隅を徹底掃除。100匹以上は居る。掃除機で吸い込んで始末。ゴメン。掃除ついでにカーテンも洗濯。

蟻と一緒の休暇。

|

April 24, 2006

白い夕陽

060424


いつもは紅い夕陽が、白く霞んでいる。

黄砂だろうか。

|

April 23, 2006

花散歩

0604231_1


0604232_1

ご町内は花盛り。
図書館帰りに自転車でグルリ一周。
手入れ入らずで楽しめる。

写真はお寺と造幣局。
もうすぐつつじが満開になりそう。

|

April 15, 2006

大笑い

ラジオはFMおおさかにチャンネルを合わせている。
お気に入りはCM付き時報。

 女 「ジョージ?」
 男 「ふふ、残念だったな、俺は弟の・・」
時報 「じゅうじ」

時間によって色々なバージョンがあるが、体調が良かったのか今朝はこれで大笑い。

|

April 12, 2006

通り抜け初日

060412

造幣局の通り抜けが始まると街が朝から賑わう。
今年は大川端の桜が遅かったので
ソメイヨシノも八重桜も同時に楽しめる。

写真は天満橋の上から川崎橋方向、夕刻6時20分。

|

April 10, 2006

お砂場?

060410

天満橋北詰めの小さな公園の白いシート。
これを捲ってみた事がある。
砂、だった。

児童公園の体裁なので砂場だと思われる。
雨避けかワンコの○○コ対策か。

今朝は雨。桜は持ち堪えています。

|

桜ノ宮

060409

大川端は桜満開、天気もよくて花見日和。

天満対岸の桜ノ宮や網島は近松作品の舞台。
石碑なども多くて散歩が楽しい。

|

April 08, 2006

4月8日桜

060408

天満橋から中の島を臨む。
水上カフェなど出来ておる、う~ん。

お茶してみたい。

|

April 05, 2006

落花狼藉

060405

バイクを停めた人はどんな気持ちだったのか。

中学1年の頃の自分。
暗い絵ばかり描いていた。

|

April 03, 2006

夕陽

060403

桜がほころび始めた天満橋界隈だが
今日は夕陽を愛でたい。

ビルの間を太陽がゆっくり下りていく。

|

April 01, 2006

プーシキン美術館展

Dscf3628

楽しみにしていたのに時間を作れずにいた。
4月2日までの会期に一日残して滑り込みセーフ。

チケット売り場近くで老婦人に声を掛けられチケットを貰った。
「余っているから・・・」と。

美術館でよくチケットを貰う。
前売りを持っている時は遠慮申し上げるが、貰い顔相なのか。

パリの地下鉄で道順を尋ねて切符を貰った事もある。
道案内だけでも恐縮なのに、固辞したが断りきれなかった。

見返りを期待しない親切が嬉しい。
私もそうでありたい。


それにしても素晴しいコレクションだった。
たくさんの頭の間から垣間見る絵は、すぐに誰の作品か判るほど象徴的なタッチ。
エッチングには人が張り付いて観れなかったがロートレックの馬をチラっと観る事が出来た。
ロシアには凄い目利が居たものだ。

目的はマティス。
「金魚」は期待を裏切らなかった。

プーシキン美術館に是非行ってみたい。

|

« March 2006 | Main | May 2006 »