« 葉牡丹の種子 | Main | 鍼治療二日目 »

August 21, 2006

捻挫

昨日階段を踏み外して左足首を痛めた。
朝起きると赤く腫れていた。

痛みの感触から折れてなさそうなので近所の整骨院に行ってみた。

0608212_1

寝転がって天井を見ていると足先の方でトントンと妙な感触、何といきなり針を打たれていた。
初体験。

060821

SATO「痛くないものですね」
おやじ「無神経だからね」
SATO「え~っ、そうなんすか」
おやじ「神経があると鬱になったりするからね、無い方が良い」
SATO「そりゃ違うっしょ」
おやじ「いやいや無神経な人は楽しいよ、心配が無いからね」

電極に繋いでいたりしてピリピリさせている。
私は静電気なんかに強い。
感じはするが騒ぐほどの事も無い。

SATO「写真撮って良いですか」
おやじ「撮ってあげるよ
     何千人患者診てきたけれど写真撮る人は初めてだ
     あなた、無神経ね」

・・・褒めているらしい。


     助手「針を取りますね」
    SATO「頭にも2本残ってますぜ
         これはサービスですか」
遠くからおやじ「サービスじゃない!
         足の痛みに関係があるから打ったよ」

退屈しなかった。

|

« 葉牡丹の種子 | Main | 鍼治療二日目 »