« 天満教会のコンサート | Main | 沈丁花 »

March 12, 2011

東日本大震災所感

ここ大阪もかなり揺れて
関西エリアで起きた地震だと思った。

阪神大震災に西宮で遭遇した私は不安で気分が悪くなる。
まず玄関のドアを開けた。
西宮ではドアが押し潰されて開かなかったのだ。

ドアの外は静かだ。
慌てて飛び出したのは私だけなのか。

テレビで震源地や規模を確認しようとして驚愕する。
近畿ではなく三陸沖でだという。
どれだけ大きな地震だったのか不安が広がる。

埼玉に住む妹にメールしたがしばらく返信がないので焦る。
電話は却って迷惑だろう。
2度目のメールに返事があった。
高校生の姪は歩いて帰宅中、東京勤務の義弟と埼玉勤務の妹はそれぞれの職場に泊まるという。
一安心。

テレビではリアルタイムで津波を放映。
港の船が流され車が流され家が押し流されている。
空からの撮影だろうか、畑を津波が進む様子が映されている。

押し寄せる津波のすぐ近くの道路を走っている車がいる。
恐ろしいことだ。
逃げろ逃げろと声を出さず叫ぶ。
ラジオなどで当然津波の危険性は知っている筈だ。
家族を心配して急ぐ人なのだろうか。

津波の怖さを目の当たりにして認識が間違っていたと思い知る。
しかしいったい誰がこの映像を送っているのだろう。
命第一でと祈る思い。

テレビも当然全局地震情報。
暗くなると地震後の様相も変わる。
津波の跡地に火が出ている。
濡れている筈だから油やガスなのだろう。

夜遅くなって自衛隊が空から移した気仙沼の大火災の画像が届く。
赤々と火が燃えているが夜となれば周りの状況は分からない。
不安が増す。

地震、津波、火事と恐怖のだめ押しではないか。
目眩がする。

眠るのが怖い。
テレビをつけたまま横になる。

翌日は泉南郡岬町の手作り市に参加予定。
確認すると開催されるらしい。

早起きして街に出る。
大阪の街に変化は無い。
電車を乗り継いでみさき公園駅で友人と落ち合う。

岬町のイベントではゴスペルや講演の予定が自粛でキャンセル。
海の近くの町で津波の警報も出たらしいのだが被害は出ていない。

良いお天気の会場で手作り市などやっていると震災を忘れそうになる。
ただ会場の隅の誰も見ていないテレビが被災地を映し続けている。

朝早く友人から原発を憂うメールが届いている。
原発は哀しい。
多くの電力を必要とする都心近くに建設される事は無い。
安全だと声高に言いながら過疎の地に作られている。
国境沿いに作る国もある。
作る側は危険性を知り尽くしているからだ。

本当に安全なら東京湾に原発を作ればよい。
被曝の恐ろしさを知る日本が何故原発、と思う。

水や火は目で見えるが放射能は見えない。
放射能や被曝したかどうかをわれわれ市民が見分ける方法は無い。
しかも次世代どころか様々なところに潜んで人を蝕むのだ。

地震や津波は天災だが原発の事故はそうではない。
原発の存在そのものが危険なのだ。

震災のニュースを見続けている。
早く早く助けて、と祈ることしか出来ない。
もどかしい。

|

« 天満教会のコンサート | Main | 沈丁花 »