« 牡丹のトート | Main | 飛行帽 »

March 19, 2011

私にできることは

2011_03190002

明石の駅前で二人の男性が震災援助の募金をしていた。
しばらく見ていただ誰も応じない。

地震、津波、火災と続いて原発事故までの大惨事だ。
戦後処理と同じ規模ではないか。
村ごと移転した地区もある、仮設住宅の必要戸数も半端ではない筈。

募金詐欺のニュースもあるが街頭募金に違和感がある。
小銭では救えない気がするのだ。
赤十字などに直接送金する人が多いのではないだろうか。

ある程度まとまった金額を送りたいがどうしたものか。
金額で悩む。

震災後直ぐに日本生協連はトラック4台分の食糧や使い捨てカイロをみやぎ生協に届けている。
早かった。
私は生協を通じて義援金を送ろうと思う。
毎週提出する注文書にチェックするだけで良いのだ。

これまで様々な災害にを寄付してきたがどれも少額だった。
今回は真剣に金額を検討したい。

私は裕福ではないが貧乏でもない。
とりあえずは半月分の生活費を捻出したい。

お年玉やご祝儀などの交際費を減額または省きたい。
これから日々節約生活だ。

付き合いが悪くなっても許されたし。

|

« 牡丹のトート | Main | 飛行帽 »