« 沈丁花 | Main | 牡丹のトート »

March 17, 2011

被災者の大丈夫は・・・

大地震から一週間。
津波映像に肝を潰したあの時からテレビをつけたまま。

当初死者が少ないと思われたのは
集落そのものが失われたせいだったのか。

「私は大丈夫」とレポーターに応える救出された人々。
大変な状況を乗り越えてきたのだ、決して大丈夫ではない筈。

すべてを失っても命がある事をを「大丈夫」と表現されているのだ。
その言葉には亡くなった方や未だ救出されない人々を案じる気持ちがこもっている。

被災地を逃れて各地の空港に降りたった人達は
残してきた人達に申し訳ないと語る。

受け入れてくれる場があるなら甘えていいんだ。
小さな子どもやお年寄りには水も電気もない生活は過酷。
こんな時にこそ助けを求めていいんだ。

被災しなかった我々が普通の生活をすることも助けになる筈。
買占めしたりせず日常を維持したい。
必要とするものを必要な場所に送りたいのだ。

関西圏で節電しても関東には回せないらしい。
とりあえず贅沢せずに義援金を送ろうと思う。

以前西宮で阪神大震災に遭遇した。
アパートは半壊、ライフラインの回復見込みも不明だった。

だが、大阪の勤務先は普通に機能していた。
それが励みになって友人宅に身を寄せて仕事に復帰した経験がある。

が、心配していた原発は最悪の局面。
事故現場で作業されている人たちが心配。

制御の効かない原発の恐ろしさに震える。
世界の知恵を絞って抑えて欲しいと祈る。

原発事故に対する各国の反応は日本人より極端だ。
安全であろうが無かろうが彼らの腰はひけている。

もし収まったとしても福島の人々や農作物のこれかららが心配。
どう支えれば良いのだろうと考える。

|

« 沈丁花 | Main | 牡丹のトート »