« 中欧三都市物語 その1 | Main | 従兄にハンチング »

December 06, 2011

中欧三都市物語 その2

3.オーストリア・ウィーン

20111206_1895_2
ベルベデーレ宮殿。
クリムトの「接吻」はここにある。

20111206_2091
泊まったホテルのお隣はシェーンブルン宮殿だった。
広大過ぎて朝一番だというのに歩き疲れるほど。
パンダのいる動物園もあるのだ。

20111211_2397
24時間乗り放題のフリーパス。5.7ユーロ(616円)
地下鉄やトラム・バスに大活躍。

20111206_2010
地下鉄の吊皮がユニーク。

20111206_2154
土曜日開催の蚤の市に遭遇。ラッキー。

20111206_2161
大工道具に興味津津。
かんなの形が面白い。

20111206_2162
物騒なものも並んでいる。

20111206_2170
よく見ると不思議な道具が並んでいる。

蚤の市の隣は常設市場。
20111206_2197
たくさんの種類のチーズ。

20111206_2183
世界各国の野菜が並ぶ。

20111206_2213
果物はハウス栽培?

20111206_2186
柿は「KAKI」と表記されていた。

20111206_2184
りんごが1kg1.2ユーロ、3kg3ユーロ(324円)。安い。

20111206_2192
魚のフィレは1kg19.99ユーロ(2160円)で日本並みのお値段。

20111206_2207
パン屋にはシュトレンも並ぶ。
右上のチョコシュトレンは3.2ユーロ(346円)だがとても美味しかった。
魚以外の食品は安い。

20111206_2198
香辛料の豊富なこと。

ウィーンは歩き易い街だった。
旧市街に観たいものがギュッと集まっている。

20111206_2244_2
レオポルト・ミュージアムは窓も絵のようでおしゃれ。
向かいの美術史博物館の所蔵品も素晴らしいらしいが今回はパス。

20111206_2248
レオポルト・ミュージアムはエゴン・シーレ好きには天国。
彼の風景画の素晴らしいこと。

20111206_2249
写真も撮り放題で感激。

楽しいウィンドーショッピング。
20111206_1885
目が釘付けになった猫の置物。
サスペンダーが蛇、頭には魚で満足げな表情。
大き過ぎて購入断念。

20111206_1955
この街にはたっぷり時間を作って来なくてはならない。
初めてのウィーンに大満足。

|

« 中欧三都市物語 その1 | Main | 従兄にハンチング »