« May 2012 | Main | July 2012 »

June 30, 2012

君はひよこ豆を知っているか

ひよこ豆は時々料理に使う。
カレーに入れたりするしトルコでは炒った豆を買って食べた。

が、どんな苗なのかは知らない。
ちょっとゴツゴツした豆はどんな莢に入っているのだろう。

2012630_03

これがひよこ豆の苗。
ちょっと見た目はカラスノエンドウ。

2012630_01

今年はにんにくが豊作。

暑いハウスで黒い毛皮を着たハナビがお昼寝。
大丈夫かな。

|

June 29, 2012

信州も夏

涼しい筈と思って来た信州も大阪と同じ夏であった。

2012629_03

トマトや胡瓜の成長が遅れているのにやたらと豆が元気。
青空に映える。

2012629_01

去年は貧弱だったアスパラガスが見事に成長していた。
雑草も左のように繁茂しているので炎天下で草取り作業。

2012629_13

根を育てる為に4・5本を残しておく。
頭を出したベビーアスパラは色白だ。
陽に当たるとグリーンに変化。

2012629_06

茎ちしゃ(山くらげ)は相変わらず丈が低いまま。

2012629_10

茎ちしゃを細く切って干してみる。
生だと歯応えがイマイチだが干すと変化しそう。

|

June 28, 2012

今年初の信州

やっと信州に来れた。
大好きな水仙やムスカリなどの花々はすっかり終わっていた。

2012628_05

今年の合鴨隊はまだ幼い。
雛の時にカラスなどに襲われて少ししか残っていない。

周囲の網だけでなく鳥避けの糸を張り巡らせているのにだ。
ただ今年からご近所に合鴨農をする人が現れて心強い。

2012628_06

いきなりの麦秋である。
今年はパン向きの強力粉タイプを植えたそうだ。
楽しみ。

|

June 27, 2012

ベレーとシュシュ

2012627_02
2012-40
サマーヤーンのシュシュ
友人の依頼で作成

2012627_03
2012-41
毛糸のベレー

|

June 25, 2012

松島と横浜

2012625_04

仙台の地下駅から出ている電車で松島へ。
松島までは行けるがその先は運休のようだ。

駅に着いてもボタンを押さないとドアは開かない。
乗る場合も同様。

2012625_08

松島五大堂は震災を免れたようだ。

2012625_12

中学の修学旅行以来。

2012625_23

瑞巌寺参道。

2012625_17

国宝の本堂は震災以前から修復中。

庫裡は白い布で覆われているが公開中。
古い建物で歩くと踏み抜きそうだが震災に耐えたのだ。

2012625_19

岩のトンネルの上に根を張るのは欅だろうか。

2012625_27

仙台から東京へははやて号で。

2012625_30

東京から横浜中華街へ直行。
レトロな同發で昼食をとる。

2012625_35

前回のお茶が美味しくて悟空再訪。
三種類購入するも今回は外れ。

お茶は難しい。

2012625_37

ひかり号で新横浜から大阪へ。

|

June 24, 2012

函館から青森経由で仙台へ

2012624_26

後ろは昨晩上った函館山。

2012624_27

青函連絡船摩周丸が係留されていた。
意外に小さい。
錆だらけで海面近くの船体にはびっしり貝が付着している。
昔私もこの船に乗ったのだろうか。

2012624_35

市内電車は多くの人が利用している。

2012624_49

2006年に完成したという五稜郭タワー。
無精者にはありがたい。

2012624_41

なるほど星形五角形の五稜郭。

2012624_52

五稜郭を散策する時間を美術館で過ごす。

2012624_53

型絵染の人間国宝、芹沢けい介展は見逃せない。

2012624_58

函館発新青森行きスーパー白鳥。
往きと車体がまるで違う。

2012624_64

青森からははやて号に乗るが
乗り換えに手間取って電車の写真を撮り損なった。

今回の東北旅行はJR東日本の大人の休日倶楽部パスを使った。
3日間新幹線も乗り放題で13,000円は大盤振る舞いではないか。
この日の為に倶楽部に入会した。

ただ期間限定もあってか東北新幹線はずいぶん込んでいたようだ。
はやて号も盛岡までは席が取れたが盛岡~仙台は立ち席だった。
全席指定原則なので立ち席も予約が要るらしい。

2012624_65

仙台駅は旅行者に親切な作りだ。
震災の痕跡は感じない。

2012624_69

商店街も植木があったりベンチがあったりで好い感じ。
ただ夕刻になると飲食店への呼び込みが多くて怖い。


|

June 23, 2012

青森経由で函館へ

2012623_27

秋田発のつがる号は空いていた。

2012623_34

青森で1時間ほどの待ち時間。
駅は港近くなのでブラブラ歩いてみる。

2012623_35

鄙びた趣のある青森駅だが
周囲に華やかな建造物のある不思議。

2012623_36

ミニねぶた。

2012623_38

青森発函館行きのスーパー白鳥。

2012623_42

青函トンネルを通って北海道松前半島に到着。
海岸線の先に見えるのは函館山だろうか。

2012623_49

ホテルにチェックインして直ぐ函館山に向かう。
バスに乗っている途中で陽が落ちた。

寒い日だったので最高の夜景。

2012623_53

中学校の修学旅行以来の函館山だ。

|

June 22, 2012

東北 列車の旅

長野から秋田へ向かう。

2012622_05

まずは長野から大宮へあさま号。
1時間20分。

2012622_10

大宮から秋田まではこまち号。
3時間30分。

2012622_18

秋田を選んだのは藤田嗣治の壁画を見るためだ。
平野政吉美術館。

2012622_24

秋田で気に入ったもうひとつ秋田市民市場。


|

June 21, 2012

旅に出る理由のひとつ

アパートのエレベータ改修工事が始まった。
数日間は階段利用だ。

2012621_02_2

どうせ旅に出るならこの時期を選ぶのは正解だ。

2012621_05_2

大阪発8時58分しなの9号は信州松本直行のお気に入り。
今日は初めて終点長野までの利用。

2012621_08_2

スイッチバックと眺望で有名な姨捨駅(おばすてえき)を特急がどう通過するか楽しみだったが駅ホームを通らずあっさり通過。
スイッチバックは駅に入る為のものだったらしい。
特急は早い分だけ景色もあっという間に過ぎてしまう。

長野市ならやっぱり善光寺。
以前は真冬にスキーついでに寄ったくらい。
ゆっくり訪れるのは初めて。

2012621_12

善光寺参道の石畳。

2012621_14

仁王門。

2012621_21

さらに山門をくぐって

2012621_20

本堂。

2012621_16

可愛い立ち葵の意匠。

|

June 20, 2012

絞りの練習

どうせ試作をするなら使えるものがよい。
絞りのサンプルをハンカチ素材を使って行う。

先日みんぱくで見た技法再現。

2012620_05
2012-38
藍染ハンカチ

2012620_06
2012-39
藍染ハンカチ

|

June 19, 2012

横広のセーター

いつもゲージをいい加減に取るので
出来上がりの寸法がいつも変。

幅を大きくしすぎたようだ。

2012619_03
2012-37
モヘア調糸のセーター

|

June 18, 2012

ミシンを送る

2012618_03

旅行前にミシンを修理に出す。
修理依頼先は四国。
ミシンを購入した店はもう無いので宅配輸送は助かる。

梱包が一番の課題。
プリンターの箱が役に立った。

ミシンも長く使ってあちこちにガタがきている。
押さえ金の膝レバーも利かなくなったのも面倒でいけない。

戻ってくるのが楽しみ。


|

June 14, 2012

一挙に仕上げ

2012614_02
2012-33
段染め糸で正ちゃん帽

2012614_03
2012-34
絞り染め絹ブラウス

2012614_04
2012-35
絞り染め絹ブラウス

2012614_05
2012-36
省エネキュロット(3着)

|

June 08, 2012

ベレー

例のテープヤーンの残り糸に色違いを合わせて縞柄ベレーを編んでみた。

201268_06
2012-32
ベレー帽

|

June 07, 2012

みんぱく

201267_21

タダ券貰ってみんぱくへ。

201267_15

布関係に興味津津。

201267_10

中国大理白族の作品。
ほとんどが日本に輸出されているらしい。

技法は気になるが作品は面白みに欠ける。

201267_07

アフリカなどの生地も面白い。

201267_08

アフリカの民族衣装の大胆な柄は楽しいが
いったい何処であの生地は作られているのだろう。

|

June 03, 2012

プチ登山

今日はプチ登山。

201263_06

美山のかやぶきの里でトイレ休憩。

201263_14

手入れの良い山道で歩き易い。

201263_15

人の手が入った山道だと思うが大変な作業ではないか。

201263_12

バイクが木に絡んで朽ちている。

201263_22

八ヶ峰(はちがみね)頂上。
昔は小さな神社などもあったらしい。

201263_31

突然の撮影会の対象は・・・

201263_29

巣から落ちたらしい雛。
焦点の合っていない写真が残念だが表情が可愛い。

この後この子をどうするか皆で検討。
ピョンピョン跳ねるくらいには育っているのでこのまま山に残すことにする。

201263_25

朽ちた切り株から松らしい芽が出ている。

201263_36

休憩した落ち葉の中に不思議な花発見。

これはギンリョウソウ。
子供の頃読んだ雑誌に載っていた。

初めて見たが休憩せずに歩き続けていたら見逃したに違いない。
ラッキー。

201263_01

プチ登山ではなく本気の登山になったが無事帰宅。
昨晩泊めていただいたのは赤い屋根の古民家。

染色の練習に暖簾を作らせてもらった。
狭い我が家には掛ける場所が無いのだ。

201263_02
2012-31
藍染絞りの暖簾

|

June 02, 2012

田植えの手伝い

信州に行けなくなったので京都日吉で田植えのお手伝い。

201262_02

小さい田んぼだが手植えなので大変。

201262_06

この道具で縦横に線を引く。

201262_07

苗も主が育てたもので今年は特に小さいという。
植えると水に隠れてしまう。
田んぼの水を抜いて対処。

201262_08

隣の畑は豆が食べ頃。
こちらも収穫。

201262_11

作業後はアイクとお散歩。
癒しタイム。

|

June 01, 2012

重いジャケット

201261_06

ずいぶん前に貰った糸でジャケットを編んだ。
テープ状の珍しいタイプ。
部分使い用なのかも知れない。

出来上がるとけっこう重い。

201261_05
2012-29
テープヤーンの裏付きジャケット

201261_08
2012-30
同じ糸でベレー帽

|

« May 2012 | Main | July 2012 »