« ランちゃんのお散歩 | Main | ルーマニアは木の国 »

June 04, 2015

初めてのルーマニア

糸関係で知り合った若い友人と二人旅、初めてのルーマニア。

201564_2_2
イスタンブール経由でブカレストへ。トルコ航空は燃油込みで約86,000円ほど。

201564_10_2
ブカレスト空港で働くシェパード。AM9:26

201564_11
両替、100レイは3200円ほど。AM9:32

201564_12
バスで市内へ。二人で一枚の切符約300円。AM9:53
マルチパスと書いてあるからこのカードにチャージが出来るのかも。読み取り機にかざすようだ。途中私服の検札が乗り込んできてタダ乗りらしい若者を下車させていた。我々も一人分しか読み取らせていないと指摘されて慌てる。初めにタッチした後ボタンを押して再度カードをタッチするらしい。罰金かと思いきや丁寧に説明してくれて放免。旅友曰く、彼等に徴収の権利は無いのではないか、と。

201564_17
ホテルはアンバサダー。早速街へ。

201564_23
物価確認。美味しそうなパンが1レウか2レイ。(32円、64円)

201564_29
大学広場から旧市街へ。

201564_37
古いビルの中はバザールだった。

201564_50
一見素敵なカフェだが、建物を見上げると・・・
201564_51
モルタルが落ちて鉄筋が見えていたりブロックがけ欠けたりしている。人が住んでいるらしいが、大丈夫だろうか。

201564_53
旧王宮跡。ドラキュラのモデルとされるワラキア公ヴラド3世が15世紀に築いたとか。

201564_74
こちらは新王宮、巨大な国民の館は独裁者チャウシェスクの野望の象徴。
完成間近で民主革命が起きたのでチャウシェスクが住むことは無かったそうだ。
201564_77
残念ながらこの日は見学出来なかった。

共産主義国家だったのに街に教会が多い。
イタリアやスペインのように大きな建物ではなくどれもこじんまりした造り。
どの教会にも静かに祈る人が居るので我々もソッと観察。
201564_33
修復中の教会も入場可能。ルーマニア正教だと思う。
201564_44
十字架の飾りが可愛らしい。
201564_45
天井は絵画で飾られている。
201564_46
こじんまりした内部は現実に使われているようだ。

201564_69
前を歩いている人が屈んで十字を切った近くにも教会があった。

201564_96
由緒ありげな佇まい。

201564_104
クレツレスク教会。
201564_107
18世紀のフレスコ画だとか。

古いものだけでなく新しいものもある。
201564_86
変わった像。

201564_100
コンテナのロボット?

201564_122
不気味な彫像。

PM8:23 長い一日だった。


|

« ランちゃんのお散歩 | Main | ルーマニアは木の国 »