« 暑い大阪を逃れて信州へ | Main | 信州も暑い »

July 25, 2015

合鴨の代わりに除草作業をするわけ

涼しい筈の信州にしばらく滞在。

2015725_2
朝6時、葡萄の蔓と葱畑、遠くには雲と北アルプス。

2015725_3
ブラックベリーがたくさん実を付けても美味しくないので嬉しくない。

2015725_4
紫陽花のある道。

2015725_1
草に埋もれた茗荷畑の草引き。

2015725_7
草を抜いた後の茗荷畑。

2015725_9
雑草より野菜が好きなミルク。

夕方から田んぼの除草。
2015725_14
離れてみると雑草などなさそうに見えるが・・・

2015725_12
稲苗の周りは雑草でいっぱい。
これでは秋の稲刈りが大変。

農薬や除草剤を使わない有機農業は手間がかかる。
いつもは合鴨隊が除草作業と肥料作成を担っていたのだが今年は全滅。電気柵のスイッチを一晩入れ忘れたせいの獣害らしい、
毎年カラスやキツネに幾らか持っていかれるのだが一晩で全部は初めて。

両手で水の下の土をかき回してびっしり生えた草をむしり取る作業は重労働。
列の半ばでギブアップ。

|

« 暑い大阪を逃れて信州へ | Main | 信州も暑い »