« 旅行17日目 ユーレイルパスの旅が始まる | Main | 旅行19日目 ベルリン日帰り観光 »

July 07, 2017

旅行18日目 ドレスデン日帰り旅行

201777_146
スマホで予約したホテルは名前が代わっていて慌てた。
ここに3泊する。
201777_2
ロの字型の建物の一部が120室程のチェーンホテル。
201777_3
共用のキッチン・洗濯機完備。
201777_15
ライプツィヒ駅でドレスデンへの列車を待つ。
201777_17
広い平野が羨ましい。
201777_18
ひまわり畑。
201777_21
ドレスデンに到着。
201777_23
路面電車もあるが歩いて街へ。
201777_25
アルベルト広場に面したケストナーの博物館。
201777_27
子供時代のケストナーはここで遊んでいたのだ。偉ぶった銅像ではなく子供ケストナーなのが素敵。
昔あれほど好きだった作家なのに随分長く作品を読んでいない。帰国したら作品を読み直してみようか。
201777_34
第二次世界大戦でドレスデンは空爆で徹底的に破壊されたらしい。
201777_33
だが、美しい街だ。
201777_44
古風な市場があった。
201777_35
建物内は近代的。
201777_37
綺麗すぎて面白味は無い。
201777_39
201777_40
201777_41
ドイツらしい品揃え。
201777_51
路面電車も走る橋。
201777_52
エルベ川沿いに王宮や教会が並ぶ。
201777_53
補修工事中の橋を電車が走る。乗りたい。
201777_56
旧東ドイツの証、アンペルマン信号。
201777_59
有名な壁画が見えてきた。
201777_60
王宮の壁画「君主たちの行列」は空爆から奇跡的に逃れたらしい。
201777_72
ドレスデンに来た目的はこのツヴィンガー宮殿。
201777_77
長く憧れた品があるはず。
201777_79
昔々福岡の大濠公園で古伊万里とマイセンを並べた博覧会が開催された。それはドレスデンの陶磁器博物館の所蔵品で当時ドレスデンは東ドイツに在る都市でとても遠くに思えた。あの素晴らしい磁器をもう一度見たかった。
201777_84
違和感で戸惑う。
201777_83
もしや王宮に飾られていたように並べてあるのかも。説明も無いし、ガッカリ。
201777_96
王宮は広いので別な棟へ。
201777_100
部屋も絵も大きい。皆さんお疲れの様子。
201777_104
最近の作品だが美術館展示品をコピーしたタペストリーが気になった。おそらくコンピューターを駆使して作られたのだろう。
201777_118
美しいフラウエン教会。
201777_119
継ぎ接ぎ上の壁は修復の後だろう。かなりの部分が新しいので大変な作業だったと想像。
201777_123
エルベ川を挟んで対岸を臨むブリュールのテラス。
201777_134
駅に戻って女の子のアンペルマン発見。ラッキー。
201777_136
こちらは「進め」の指示。
201777_142
列車から見るドイツはどこも美しい。
201777_148
ライプツィヒのホテルに戻って洗濯機と乾燥機の使い方を教わる。アリエール付き有料5€。
201777_150
8時少し前の街を歩く。大掛かりな壁画が面白い。
201777_154
マルクト広場に到着。当然店じまい後で残念。
201777_152
建物がユニーク。
201777_155
ライプツィヒ市歴史博物館。
201777_157
聖トーマス教会。
201777_166
食事を終えてレストランを出ると遅い時間なのに観光客。ゲーテのファウストに所縁のある像らしい。

明日は早起きしてベルリン日帰り旅行。

|

« 旅行17日目 ユーレイルパスの旅が始まる | Main | 旅行19日目 ベルリン日帰り観光 »