« 旅行13日目 走るウガンダ人を見て感激 | Main | 旅行15日目 ウガンダ最終日 »

July 03, 2017

旅行14日目 ウガンダ・カンパラ散策

カンパラは起伏のある街だ。地図に載らない坂道に苦しむ。
201773_5_2
ホテルも坂道の横にある。
201773_19_2
建築途中のビル。
201773_20_2
モスクの塔から街が良く見えるらしいのでやって来た。
201773_212_2
受付で服装改め。トルコでは髪を隠すだけでよかったがここではパンツスタイルも駄目らしい。
201773_27
みな変身して別人のよう。履き物も脱いで階段を上る。
201773_28
カダフィモスクの入口。
201773_33
広々とした内部。
201773_35
ここはリビアのカダフィ大佐の寄付で作られたそうだ。ガイドの小父さんがボソボソ説明してくれた。
201773_39
小さな声で説明してくれるが、ウガンダでは小さな声で話すことがクールらしい。
201773_34
珍しいデザイン。
201773_40_2
これがお目当ての塔。ここから市内が一望できるそうだ。
201773_51
仲間は上ったが私は体調が悪く登楼を断念。
201773_48
せめてもとベランダから市内を撮ってみた。
201773_46
すり鉢状の底に繁華街がある。
201773_592
当初愛想無しでムスッとしていたガイド氏が後半にこやかな表情に変貌、笑顔を見せてくれた。旅友がポスターの鳥の名を教えるとハシビロコウと日本名を裏に書いていた。
201773_63
歩道のある通り。さすが首都、人が多い。
201773_62
私は下水道設備が気になって仕方ない。どうなっているのだろうか。
201773_66
カンパラの名所、オールドタクシーパーク。
201773_68
すり鉢の底にミニバスがぎっしり。
201773_752
生地屋が集まった市場。生地好きには天国に居るような思い。
201773_72
天国でお買い物。この地ではアフリカらしいコットンプリントをチテンジと呼んでいる。ウガンダ産は無く近隣国からの輸入品。欧州やアジア産が混じっていそうだが驚くほど安い。
201773_78
すし詰めのミニバス(マタツ)で市内を移動、1,000シリング(28円)。
201773_79
渋滞で動かない車内から見るバイク群。
201773_90
ホテルに戻ってチテンジを広げる。
201773_89
6ヤードで28,000シリング(約800円)から40,000シリング(約1,200円)。地方より首都カンパラの方が安いし種類が豊富。時間があれば持ちきれない程買っていたかもしれないので買い物時間が少なくて良かったかも。


|

« 旅行13日目 走るウガンダ人を見て感激 | Main | 旅行15日目 ウガンダ最終日 »