« January 2018 | Main

February 13, 2018

花を探して

2018213_3
ご近所の沈丁花の蕾は硬い。

大阪城の梅がもう咲いているとラジオで言っていたらしい。
2018213_4
梅林へ。
2018213_6
チラホラ咲き。
2018213_9
香りもわずか。
2018213_10
珍しく咲いている木。
2018213_12
蝋梅は満開。

|

February 09, 2018

東洋陶磁美術館へ

唐時代の中国の墳墓から出土した陶製の人形。
21世紀になって発見された胡人俑が東洋陶磁美術館にやって来た。

201829_6
西域の人を胡人と言うがその風俗が分かって面白い。

201829_9
マッチョな馬。

201829_12
ウインク?

201829_17
似た友人がいるが。

201829_20
やわらかな笑顔。

201829_22
こちらも可愛い。

201829_24
牛の動きもよくとらえている。

201829_34
唐三彩の武人俑も表情が良い。

201829_45
こちらは常設の私のお気に入り。

現代の「人間像」展も同時開催
201829_44
たまにこんな面白い企画展もやってくれる。

201829_26
美しい。

201829_28
よく居そう。

201829_38
人物?

201829_29
楽しい作品。

大満足な特別展だった。

|

February 08, 2018

枚方公園駅へ

初めて訪れた京阪枚方公園駅。
枚方公園を訪ねたことは無い、筈。(記憶に自信がない)
201828_6
懐かしく感じるこの道は大阪・京都を結ぶ旧街道らしい。

目的はこの小さなギャラリー。金工教室講師の個展開催中。
201828_4
見応えあり。

古い旅館の資料館「鍵屋」。
201828_3
折りしも江戸時代の庶民の人気の着物柄の紹介中。ラッキー。
残念ながら撮影禁止。
結構お洒落だった昔の人々。
201828_9
2階の広間。屏風の向こうには和紙のひな人形。
201828_10
準備の段階だが見せてもらえた。
201828_7
2階から見える府道の向こうは淀川。ここは船宿でもあったので昔は淀川に面していたらしい。

|

February 04, 2018

風の万華鏡

大川の上を鴎が飛んでいた。
その写真を撮ったつもりだが見当たらない。
201824_4
探していて風の万華鏡を見付けた。
小さくしか写っていないが嬉しい。

|

February 02, 2018

今日のお散歩

歩いて都島の図書館へ通う。

201822_4
大川沿いの桜並木は葉や花が無くても美しい。

休んでばかりの花屋の店先にミモザとヤドリギを見付けた。
201822_5
この時期のミモザは珍しいし売り物のヤドリギはもっと珍しい。
201822_6
気になる店だがその理由の一つにに手入れの悪さもある。大鉢に瀕死の鉢植えが無造作に放り込んである。可哀そうに。

201822_7
この前出来た天満2丁目のホテルの名前が代わっていた。「天満橋グランドホテル大阪」と言う大仰な名前が「Noku Osaka」に。
去年の秋に出来たホテルだが、実に怪しい。

|

« January 2018 | Main