« August 2020 | Main

September 11, 2020

旅の2日目 白老ウポポイ その②

2020911-57 ポロトの湖畔演台でのパフォーマンス。2020911-59 アイヌ語の名前やアイヌ語の挨拶などアイヌ語を交えての語り。言葉は大事。2020911-60 子守歌も当然アイヌ語。2020911-64 ムックリ。衣装も綺麗。2020911-65踊りと歌。喉を鳴らすような唱法(?)が心地よかった。2020911-76 体験交流ホールも人数制限や感覚、消毒、換気が徹底している。2020911-93 演劇やアニメ上映などだが背景の取り込み方も楽しい。2020911-94本来なら演者の近くまで観客は座れるのだろうが、残念。

2020911-82 この施設のPRキャラクター『トゥレッポん』はオオウバユリとのこと。2020911-85蕪かと思った。2020911-33蕪にしか見えない。

2020911-54 針仕事の体験工房。2020911-55 最も興味があるのがアイヌ意匠。2020911-56 裏面も綺麗。2020911-52素敵。2020911-99 チセに飾ってあった衣装。2020911-100 布をリサイクルしている。2020911-101 和人との交易で得た布で和服とは異なる意匠を作り上げた。2020911-102これは刺繍。2020911-1174時になってやっと入れた博物館には樹皮の衣装があった。2020911-128 大胆な柄。2020911-124 木綿布のパッチワーク。2020911-125 和服柄がアイヌ意匠に埋もれてしまった。2020911-130 実用的ではないが威厳を保つためか。2020911-131 女性用。2020911-134 男性は被り物・刀を含めての盛装。2020911-135お洒落な人達だったのだ。

2020911-151 博物館から見えた黄昏れていく湖が美しい。

2020911-155 ネットで虎杖浜に宿を取ったが、着いたら無人駅だった。タクシーどころか駅周りには何もない。2020911-156小雨の中を歩いてホテルに辿り着いたときは心底ホッとした。猫に小判の温泉宿。

|

旅の2日目 白老ウポポイ その①

千歳を発って白老へ。2020911-154 民族共栄象徴空間ウポポイを訪れる。2020911-153 ポストもアイヌ意匠。2020911-14 駅から少し歩くが樹が美しい。2020911-15 コロナ対策テントが見えてきた。コロナのせいで開業が遅れたが来れて良かった。2020911-43ポロト湖畔の広い施設。要の博物館は夕方しか予約が取れずそれまで屋外施設を廻る。

2020911-32 まずは並んだチセへ。2020911-30 建築途中を観ることが出来て嬉しい。2020911-31 結構複雑な屋根の葺き方。2020911-35 チセ内部。2020911-36 飾られた花ござの材料はガマらしい。2020911-37 漆の食器や桶は交易で手に入れたもの。日本では狂言でしか見ないが。2020911-38 鮭の皮の靴は職員の作品らしい。出来はよろしくない。 2020911-40鮭は色々役に立つ。
2020911-41 灯り。2020911-42あちこちにイナウ。

2020911-110 花ござの体験工房もコロナ対策で少人数の見学だけ。2020911-111 大きなディスプレーで手元も良く見える。2020911-70 木工の体験工房もある。

2020911-47 植物園(?)もあるが植えられて時期が短いのか閑散としている。2020911-27オープンして間もないので仕方がない。2020911-19 お馴染み。2020911-25 2020911-26 2020911-23 おっと、この紫の花には覚えがある。猛毒トリカブト。

(②に続く)

|

September 10, 2020

旅の1日目 北海道千歳へ

朝早い大阪難波橋。2020910-2 今日から一人旅。2020910-5 いつものピーチ。2020910-11 JR千歳駅。昔の面影なし。2020910-14 私はここ千歳中学校に2年間通った。2020910-16グラウンドが二つあったが今はもう片方に住宅が建っていた。2020910-12北国の町並みは九州・近畿とは趣が異なる。2020910-13われもこう、だったっけ。2020910-17 花の種類や植え方も独特。2020910-18 ぎっしりスズランは実が付いていた。2020910-19 ありそうでなさそうな花。珍しい。2020910-27 千歳川。インディアン水車が見えた。この近くの小学校を卒業した。 2020910-29 かかった魚をカラスが狙っている。鱒のようだ。2020910-34 やなの掃除か。2020910-23 支笏湖から来る水は冷たくて流れが速く、子供には怖い川だった。2020910-24 本気の救命用浮き輪。2020910-42 千歳神社は秋祭りの印象が強い。2020910-44 神社横のこれも千歳川。2020910-46 夏の短い一時期だけこの川に網を張って泳いだ事が有る。川底が流れが強くて怖かった。2020910-47 昭和の名残。2020910-48 千歳のシンボルは支笏湖・鮭・空港と言う事か。2020910-49お菓子のもりもと。昔々美味しいパン屋があってそこのサンドイッチが懐かしくて近辺を探し回るが無い。恐らくここがそうだと思う。半世紀たって大きな会社になっていた。思い出すコンビーフ入りポテサラ(?)サンドイッチ。何度も再現を試みてきたが成功していない。この店にも洒落たパンはあったが思い出のサンドイッチは無かった。

|

September 04, 2020

神農さん

美容室の予約時間までの暇つぶしには近くの神農さんに寄る。202094-2もう直ぐ重陽の節句らしい。最近は菊に縁が無いが。

|

September 03, 2020

曇天の向日葵

202093-5 橋が好き。良く使う天神橋。202093-3ヒョロヒョロの向日葵。

|

« August 2020 | Main