« 旅の2日目 白老ウポポイ その① | Main

September 11, 2020

旅の2日目 白老ウポポイ その②

2020911-57 ポロトの湖畔演台でのパフォーマンス。2020911-59 アイヌ語の名前やアイヌ語の挨拶などアイヌ語を交えての語り。言葉は大事。2020911-60 子守歌も当然アイヌ語。2020911-64 ムックリ。衣装も綺麗。2020911-65踊りと歌。喉を鳴らすような唱法(?)が心地よかった。2020911-76 体験交流ホールも人数制限や感覚、消毒、換気が徹底している。2020911-93 演劇やアニメ上映などだが背景の取り込み方も楽しい。2020911-94本来なら演者の近くまで観客は座れるのだろうが、残念。

2020911-82 この施設のPRキャラクター『トゥレッポん』はオオウバユリとのこと。2020911-85蕪かと思った。2020911-33蕪にしか見えない。

2020911-54 針仕事の体験工房。2020911-55 最も興味があるのがアイヌ意匠。2020911-56 裏面も綺麗。2020911-52素敵。2020911-99 チセに飾ってあった衣装。2020911-100 布をリサイクルしている。2020911-101 和人との交易で得た布で和服とは異なる意匠を作り上げた。2020911-102これは刺繍。2020911-1174時になってやっと入れた博物館には樹皮の衣装があった。2020911-128 大胆な柄。2020911-124 木綿布のパッチワーク。2020911-125 和服柄がアイヌ意匠に埋もれてしまった。2020911-130 実用的ではないが威厳を保つためか。2020911-131 女性用。2020911-134 男性は被り物・刀を含めての盛装。2020911-135お洒落な人達だったのだ。

2020911-151 博物館から見えた黄昏れていく湖が美しい。

2020911-155 ネットで虎杖浜に宿を取ったが、着いたら無人駅だった。タクシーどころか駅周りには何もない。2020911-156小雨の中を歩いてホテルに辿り着いたときは心底ホッとした。猫に小判の温泉宿。

|

« 旅の2日目 白老ウポポイ その① | Main