« 旅の二日目 恐山へ | Main | 旅の四日目 青森から弘前へ »

June 12, 2022

旅の三日目 舘鼻岸壁朝市と県立美術館・三内丸山遺跡

2022612-2早起きして八戸発久慈行の列車の乗る。2022612-3空いた車内。 2022612-4田植えの住んだ田んぼ。2022612-5穏かな川面。 2022612-6陸奥湊駅に到着。ここから舘鼻岸壁へ向かう。2022612-9日曜朝市は日の出前から9時くらいまで。。2022612-10北国の魚が多い。2022612-22ほやも関西には無い。2022612-26旅の途中だから生ものは持ち帰ることが出来ない。 2022612-28危険な筋子は大好物。2022612-11屋台も色々並ぶ。2022612-12ゆるいお店が面白い。 2022612-13_20220913161501カモメがいっぱい。2022612-14ゆるい。2022612-15みずは大阪で見ない。2022612-17プレッツェル? 2022612-19けっこう売れてる? 2022612-20畳の縁ではなく畳素材そのものを使ったバッグ。2022612-21鯛焼き屋に行列。 2022612-29かっけが珍しい。 2022612-33巨大な蕗。2022612-36子供御用達。2022612-38地元のアイドル?ゆる過ぎ。 2022612-39菊柄。

八戸から青森へ向かう。2022612-46線路沿いに咲く花が綺麗。2022612-44青森いいな。2022612-52青森駅近くのりんご並木。2022612-51小さなりんごの実。 2022612-54シャスターデイジーだと思うが。 2022612-57ラベンダーはこれから。 2022612-60美しい。 2022612-61バスで郊外へ。2022612-62 2022612-64県立美術館。 2022612-66ゆるいシャガール。2022612-68天井が高い。 2022612-69奈良美智さんの作品が多い。2022612-70あおもり犬もあるし奈良さんのための美術館のよう。2022612-72奈良さんは青森出身。 2022612-74土偶のガチャガチャ発見。人生初ガチャガチャ。2022612-122三内丸山遺跡入口。 2022612-82先ず屋外を周る。2022612-86ガチャガチャ土偶。 2022612-83花の季節は楽しい。2022612-91再現高床式倉庫。 2022612-94建物内のこの穴は柱の跡。2022612-98シンボルの櫓。 2022612-99大勢が入れる建物が凄い。2022612-101天井が高い。 2022612-102縄文人はここに集ってどんな言葉で何を話し合ったのだろう。 2022612-104板状塑像のおしゃれな女性像。 2022612-105十字土偶が愛らしい。 2022612-106一家にひとつと言うより皆が持っていたような数。2022612-112土偶は女性ばかりなのか。2022612-113動物のディスプレーが素敵。2022612-111縄文ポシェット。2022612-124ヤマボウシが綺麗。 2022612-127ガチャガチャの成果。余計な埴輪が混じっていて悔しい。

|

« 旅の二日目 恐山へ | Main | 旅の四日目 青森から弘前へ »