May 25, 2017

室内履きの型 再び

2017525_4
2017-58
銅・真鍮 室内履きの型 

前の型は9カ月かかった上に大き過ぎたので今回は時間短縮を目指した。
上を銅で作り底は真鍮にして剥ぎ合わせた。
ただフェルトで室内履きを作ってみないとこの型の良否は不明。

|

May 23, 2017

段染めの糸

2017523_4
2017-57
ウール キャップ

手染めの糸だが一色が長すぎて帽子には向いていなかったようだ。

|

May 20, 2017

市松柄の裏面仕上げ

2017520_2
2017-56
夏糸 キャップ

いつもと逆の裏編み側で仕上げている。
編み柄が交差するポイントがツノ状に尖って面白い。

2017520_3
いつもの表編み側。

|

May 14, 2017

壊れた傘でエコバッグ

2017514_3
2017-55
傘用布地 エコバッグ 

金沢で妹の傘が壊れてしまった。
真新しい傘だったので持ち帰ってリサイクル。

|

May 13, 2017

定番キャップ

2017513_5
2017-54
ウール・モヘア キャップ

作り慣れたキャップはテレビを観ながら編んでいる。
カメラのレンズに傷が有るらしく角度によっては雲のようなものが写り込む。


|

May 12, 2017

久しぶりに携帯ケース

2017512_5
2017-51・52・53
ウールフェルト 携帯ケース

薄い色目の携帯ケースが欲しいと言われたので早速作ってみた。

|

May 11, 2017

春のキャップ

2017511_5
2017-50
夏糸(混率不明) キャップ

春に毛糸のキャップは暑苦しい。
サラリとした糸で市松柄の帽子を編んでみた。

|

April 27, 2017

緋銅のブローチ3個

2017427_8
2017-47・48・49
銅 ブローチ

色々試しているが赤い色が安定しない。
ほう砂を使い手もあるらしい。

|

April 22, 2017

苺のパーカー

2017422_4
2017-46
コットンプリント パーカー

|

April 16, 2017

ニットキャップ

2017416_4
2017-45
ウール キャップ

エンジと紫の2色の糸使用

|

«2点をアイロン仕上げ