September 08, 2018

クルクル巻き毛のポシェット

201898_8
2018-91
ウールフェルト・エクセーヌベルト 巻き毛のポシェット

坂田ルツ子さんの講習で教わったバッグを仕上げた。
本体はゴットランド、巻き毛はブルーフェイスレスター。

2日間の講座が台風で1日だけになったが充実した内容で、出来上がった作品も大満足。

|

September 05, 2018

カッパのポシェット

201895_11
2018-90
ウールフェルト・革紐 カッパのポシェット

坂田ルツ子さんの講習を受けて昔の作品をリメイク。
教わったのはクリクリ原毛を植え付ける技。
クリクリ羊毛はゴットランドだったと思う。

|

September 03, 2018

坂田ルツ子さんの講習へ

201893_4
苦楽園のストラッセが来年1月末で閉廊するそうだ。送られてきた案内を見て慌ててルツ子さんのワークショップに参加しようと電話をしてみた。受け入れてくれた。ラッキー。

201893_8
憧れていたクルクル巻き毛に挑戦。

201893_122
中央がフィンランド在住の坂田ルツ子さん。

201893_24
これまで4人の師匠にフェルトを教わって来たのでルツ子さんは5人目。フェルト化の方法が色々で良いとこ取りしてきたが今回も新しい技がいっぱいで楽しい。

201893_55
いよいよ巻き毛の部分に取り掛かる。モデルは私の作品。

201893_63_2
ニードルパンチで植えていく方法。

やはり大型台風は来るらしい。関東・九州からの参加者も居られたが電車運休も決まっているので関西圏のメンバーも無理そう。
と、いう訳で明日の分のレッスンも受けてクタクタ。

充実した楽しいワークショップだった。

|

August 31, 2018

裾幅広めのガウチョ

2018831_3_3
2018-88
テンセルキュプラ 絞り染めガウチョパンツ 

2018831_2_3
2018-89
リヨセル 絞りむら染めガウチョパンツ 

いずれも先に縫ってからスレンで染色した。久しぶりに木綿糸縫製。

2018831_8
小さなリボンが前の印。

|

August 27, 2018

フェルトの鍋掴み

10月のイベント用サンプルを作った。

2018827_4
2018-85・86
ウール フェルトの鍋掴み

2018827_5
2018-86・87
ウール フェルトの鍋掴み・フライパン用

|

August 24, 2018

緋銅の小物パーツ

銅作品を作っていると端材が出る。
その銅の切れ端をアクセサリーにしている。
2018824_2
叩いて高温で色付けする緋銅の緋色が好きだがとても難しい。安定した色が出せない。
外国のコインは銅ではなかったようだ。

|

August 22, 2018

染色仲間の作品

週に一度通う染色教室。

色々なメンバーが居て目指す作品や作風も様々。
同じ教室で学ぶ仲間の作品や技法、作り掛けて吊るされた作品を見る楽しみもある。

2018822_6
捺染台で綺麗なバンダナが出来ていた。

私には決して出来ない意匠と色彩が勉強になる。

|

August 21, 2018

フェルト自主練で新聞紙の花を作る

暑い夏が続く。
泉大津市の貸し教室に6人が集まって自主練。
2018821_8
フェルトの勉強会だが新聞紙アートにも挑戦。

2018821_4
これは指導役の友人の作品。
材料は紙だが使う部分によって面白い表情。材料費が掛からないし軽いのでよろしい。

|

August 19, 2018

ポリエステルのガウチョ

2018819_33
2018-84
ポリエステルプリント ガウチョ

パターンを確認するための試着用サンプル。
染色仲間に型紙を提供するのに着用サンプルがあれば分かり易い筈。ポリエステルは苦手だが皴になり難いのは助かる。

|

August 09, 2018

金工の小物

201889_8
2018-82
銅 ボタン

日本の硬貨を加工するのは違法らしいので海外のコインでボタンを作ってみた。これは多分ユーロの1セント銅貨。穴を開けて高温緋色加工。
アメリカの1セント銅貨も加工しようとしたが4個の内2個は溶けてしまって銅ではなかった。残りもメッキで純銅では無さそうだった。

201889_9
2018⁻83
洋白 スプーン

たくさん掬えないダイエット用。

|

«テンセルキュプラのガウチョ