November 07, 2018

モヘアの靴下

2018117_9
2018-114
ウール・モヘア 靴下

友人のために編んだもの。石鹸でゴシゴシ洗って仕上げるのがコツ。

|

November 06, 2018

手袋の糸は

2018116_3
2018-113
ウール 指無し手袋

先日染め直した毛糸は渋く染め上がって満足。

|

黄色いニットの手提げ

2018116_2
2018-112 
ウール・皮革 アラン模様の手提げ

ダイヤモンドファーストで染めた好みの色。太くて重い糸なので手提げにはピッタリか。
皮の持ち手を付けるのが難しく仕上げに時間が掛かった。皮にパンチで穴を開けポリエステル糸を撚り合わせて縫っている。いつかプロにコツを教わりたい。

|

November 05, 2018

売れ残ったフェルトベレーをリメイク

2018115_2
2018-110
ウールフェルト キャスケット

2018115_3
2018-111
ウールフェルト キャスケット

つばのある帽子しか被らないと言う友人がこのベレーの柄は好みだという。
フェルトはやり直しがきくがつば部分は新たに作る必要がある。

何とか形になったがフェルトのキャスケットは良いかも。

|

October 31, 2018

人気の無い糸を染め直す

派手な色目の英国製の毛糸。
色目のせいか人気が無いので染め直すことに。

20181031_3
青の染料(ダイヤモンドファースト)で黄色の部分が緑になる筈。

なった。

|

October 22, 2018

チェコの糸ボタン

梅田阪急の東欧クラフト展へ。
かなり充実した催しでいつになく時間を掛けてチェック。

ルーマニアンレースは高価で驚く。
糸はかの地で買ってきたのでいつか小物に挑戦してみたい。

ポーランドの毛の室内履きとチェコの糸ボタンを購入。
20181022_4
小さな釦が可愛い。
釦に合わせて服を作りたくなる。

|

October 21, 2018

フェスタ!

クラフトパークのフェスタは以前屋外のテント下だった。
去年は嵐で屋内に変更になったためか今年も屋内。

20181021_9
友人と共同で出した店。

染色のワークショップで染めた友人達の作品。
20181021_37
私は毎年出店するのでワークショップに参加したことが無い。

毎年楽しみにしているのは出店仲間の作品。
20181021
購入した小物。ステンドグラスは講師の作品、錫のタコ足・めざし・スカルの釦はお隣のブースのギリギリブラザーズ。

|

October 20, 2018

フェスタ前夜

明日は年に一度のクラフトパークフェスタ。
今年は帽子をずい分編んだ。
肩が凝らない体質なので編んでいる時間は楽しい。
20181020_3

|

October 19, 2018

フェアに向けて

20181019_4
2018-107
ウール アラン模様のキャップ

20181019_5
2018-108
ウール 杢糸でキャップ

20181019_6
2018-109
ウール ねじねじキャップ

絲の会のイベントで帽子が結構売れてしまった。
もう直ぐクラフトパークのイベントがあるので編み足す。

|

October 17, 2018

少し残った毛糸で

20181017_5
2018-106
ウール キャップ

玉部分は段染め。少し残ったものが役に立った。

|

«白い帽子